【はじめに】このブログについて

はじめに

ご訪問いただきありがとうございます。

「ゆるくいこう。」を運営しているびーやま(@yamabi_t)です。

このブログでは、「読むと日々の生活に関する感度が高くなる」ことを目的としています。

なぜ感度を高くしないといけないのか?

それは、「21世紀、つまりAIが活躍する時代では、自分自身をアップデートしないと生き残れないから」です。





「教育」×「21世紀の働き方」

僕の専門分野は教育学ですが、卒論では「教育」と「21世紀の働き方」について書きました。

20世紀最大の経営学者であるピーター・ドラッカーは『ネクスト・ソサエティ』で

21世紀は知識労働者の時代である。

と言っています。

また、僕が好きな東大大学院の教授に柳川範之先生という方がいるのですが、その方は「40歳定年制」というのを主張しています。

簡単に説明すると、

テクノロジーは日々進化し、学校で身につけたスキルだけで一生食っていくことは今後ますます難しくなる

また会社の盛衰のサイクルは早まり、それとは反比例して人間の寿命は伸びている。(会社の寿命<人間の寿命。昔は逆だった。)

つまり、1つの企業にずっと所属してその会社の中だけで通用するスキルを磨くだけでは一生涯食って行くことはできず、次のキャリアを考えた新しいスキルを身につけていくことが必要となってくるのです。

そのサイクルが、大体20年ほど(今後はもっと早くなると僕は考えます)。

「20歳前半で働き始めてから40歳を一度定年として、普段から新しいスキルをどんどん身につけ、次のキャリア形成していかなければ、社会の変化に適応できない」ということを主張しています。

(絶対に40歳で定年退職しなければいけない訳ではありません。気になる人は以下の書籍がオススメです。とても読みやすいですよ〜。)

自分自身をアップデートしないと、AI時代には生き残れない

最近のAIの発達は目覚ましいですね。

とうとう人間はAIに勝てなくなってしまいました。(「囲碁AI、世界最強棋士に3戦全勝 人間対AIに決着」

AIの発達によって、SF映画にあるように「人間vsロボット(AI)」という世の中が現実化するのか僕には分かりませんが、直近ではAIが人間社会をますます便利にしていくのは間違いありません。

まずは自動車の自動運転から始まり、世の中のあらゆる製品(モノ)にAIの技術が応用されてきます。(IoT(アイオーティー)・・・Internet of Things。身の回りのあらゆるモノがインターネットに接続され、その蓄積されたデータからさらにその人にとって最適な情報とサービスを提供する。)

世の中に当たり前とされていた「職業」がテクノロジーの発達によって移り変わるのは、歴史が証明しています。

江戸時代、日本の8割は農家でしたし、電話ができた当初も「交換手」という仕事がありました。今の10代〜20代前半はメールもほとんど使いません。

そういったテクノロジーの発達により、つい最近まで「常識」だったことは、次の世代では「非常識」になるのです。

「え?まだメアド教えてくださいとか言ってるの?」

「週5日、毎日8時間も出社していた時代があるの?」

となるのです。

 

世の中は諸行無常。私たちが変化しないと決めることは自由ですが、世の中は刻一刻と変化し続けているのです。

生涯学んでいくことが必要な社会。それが21世紀であり、「生涯学習社会」なのです。





人は急には変われない。でも今のままでは衰退する。だからこそ「ゆるく成長」していこう。

世の中は常に不平等で、優秀な人もいれば、そうではない人もいます。

優秀な人、忍耐力がある人、我慢強い人。こういう人は、短期的に結果を出すことができます。

ですが、そんな人はせいぜい1割以下。10人に1人もいないのです。多くの人は急に変わることはできないのです。

しかし、だからといって今のまま何もしなければ、あなたの望みは叶うことはなく、下手をすると社会に置いて行かれます。

そこで、「ゆるく成長する」ことが最適解なのではないかと僕は考えます。

 

適切な理由付けがない『急激な変化』は、絶対に続かない。

「最愛の人の死で・・」とか「急な親の借金で稼がなくてはならなくて・・」といった事態に陥らなければ、なかなか急激に変化することはできません。

僕のような普通な人が、どうやって変化のめまぐるしい社会で生き抜いていけばいいかという戦略を、このブログでは書いていきます。

たまにアホな記事も書きますが、それは僕が「普通の人間」だからです。(むしろ普通以下?)

今では自称意識高い系(笑)の僕ですが、根はとても怠惰な人間で、基本何をやっても続きませんでした。

最初の勢いは良いのですが、それが続かないのです。

 

それまでは

「気合いで乗り越える!」

「やる気出す!頑張る!」

「元気があれば何でもできる!」

という感じで、サンシャイン池崎のように『カラ元気120%』で生きてきたのですが、どうもそれでは上手くいかないことに高校を卒業したあたりで気づきました。笑

 

そこで、ちょっと力を抜いてやるようにしてから、物事がそこそこ上手く進み、続けられるようになりました。

 

人間には「恒常性(ホメオスタシス)」という「いつもの自分に戻そうとする働き」が備わっているので、一気に変わろうとすると、その反動で一気に現実に戻されます。

そして、それを続けると、「自分はできない人間なんだ」と自分を責め、自己嫌悪に陥ってしまうのです。

そういった「負のスパイラル」に陥っている人が多いように感じます。

 

自分を変える唯一の方法

あなたが何かを変えたいのであれば、「ちょっとずつ変えていく」ことをオススメします。

ストレス耐性が強い人なら良いですが、頑張りすぎるとあまり続きません。

そこで、「ゆるく成長する」ということをこのブログのコンセプトとさせていただきました。

あなたも僕と一緒に「エイジング」(歳を重ねること)を楽しんでいきましょう!

 

そんな訳で、まずはオススメの記事からお読みくださいませ。

 

ビバジャーニー!

 

びーやま





The following two tabs change content below.
全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ゆるくいこう。 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|早大卒

シェアしていただけたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ゆるくいこう。 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|早大卒