学生時代に「もっとやっておけばよかった」と後悔したこと2選【後編】

学生時代にすべきことは?(続き)

こんにちは。1年間海外で出稼ぎしていたびーやま(@yamabi_t)です。

※前編を呼んでいない人は以下を先にお読みください↓↓

参考記事

 

前編では「セールスを経験しろ」というアドバイスをさせていただきました。

結局のところ、セールスができる人は、何をやっても上手くいくんですよね。仕事も恋愛(人間関係)も。

逆にセールスができないと、我慢の多い人生になります。

僕がいう「セールス」とは「説得の技術」のことで、勢いよく話したり、売り込んだりすることではありません。

むしろ、口下手な人の方が上手く相手を説得できることもあります。

「私は営業は苦手」という人は、とても損をしています。なぜなら、話すことだけが営業(セールス)ではないからです。

文字だって、十分相手を説得することは可能です。

ましてや、画像だっていいわけです。(あなたもネット上で広告画像をクリックしたことはありますよね?)

説得する=人動かすというのはとてもクリエイティブなことなので、ぜひチャレンジしてみてほしいです。

 

若いうちに経験しておくべきこと②:異文化を経験しろ。

異文化を経験しろ=留学しなさい、ということではありません。

「英語ができた方がいい。」「留学した方がいい。」

これはこれで誤りではないのですが、別に語学ができなくて留学していなくても世の中で活躍している人はたくさんいます。

ですが、そういった人たちの共通点は、「キャパ(器)がデカい」ということです。

言い換えれば、多様な価値観を認め、それを前向きに捉えることができる、ということです。

器が大きいほど、人は集まってきますし、多少の困難があっても乗り越えることができます。

悩みやすい人、落ち込みやすい人の共通点は、ある1つの特定の価値観に囚われていること。

「たとえ今いる場所がダメになっても、他の場所で生きられる。」

そういう考えを持つことができれば、もっと人生は自由になることができるはずです。

そのためには、今自分がいる環境以外の価値観を経験しておく必要があります。





異文化に触れる方法

①海外留留学・海外ボランティア

日本を出てしまうのが一番手っ取り早いでしょう。

僕の場合は、昔日本が占領していた中国の大連という土地で1年間暮らしたことで、「日本以外でも生きられるんだ」という実感を得ることができました。

ここで注意なのが、海外に行ったからといって人生変わるわけではない、ということ。

むしろ、遊び癖がついて退化して帰ってくる日本人も多いです。笑

しっかりと目的を持って、異文化に触れましょう!(僕は先進国よりも途上国に行くことを強くオススメします!)

 

②自分の価値観とは真逆のコミュニティに入る

実は僕は「超安定志向」です。

親にはずっと「大企業に行きなさい」と言われていたので、そうしようと思っていました。

ですが、大学入学をきっかけに上京してからは「起業家」のコミュニティに入りました。

そのおかげもあり、安定した大企業ではなく、自分で実際に起業したり、ベンチャー企業にジョインしたりすることになりました。(今いる会社は年商2億から3年で20億以上になりました。)

それが良いかどうかは別として、「大企業で出世争いをしなければならない」という呪縛から逃れることができました。






僕の友人にIB(investment bank:投資銀行)に勤めている友人がいるのですが、残業のしすぎで社員が過労で倒れたことで会社が問題となり、その部署全員のボーナスが大幅にカットされたそうです。

それよりも辛いのは、その当時の部長さん。元々は出世頭だったようですが、きっとこれ以上出世することはないとのこと。

おそらく執行役員などを目指していたものと思われますが、思わぬ事態で30年以上の毎日の超激務が水の泡と化してしまいました。。(僕なら自殺を考えるレベルですね。。)

ある一定期間、ある1つのこと(コミュニティ)にコミットすることは非常に重要だと思いますが、あなたがまだ何かに迷っていたり「今の環境は違うのではないか?」ということを感じているのであれば、他の価値観を模索することをオススメします。

他の価値観(文化)を知ることで、今いるコミュニティが実は自分に合っている、ということも分かります。

 

また「旅をしながら稼ぎたい」という人もいますが、それは想像以上に大変なことだそうです。

参考記事

 

「セールス」×「キャパの大きさ」=食いっぱぐれなし。

学歴があれば、、。

英語ができれば、、。

資格があれば、、。

コミュニケーション能力が高ければ、、。

運動神経がよければ、、。

容姿がよければ、、。

もっと良い家庭に生まれていれば、、。

才能があれば、、。

 

正直、あまり関係ないんじゃないでしょうか。

と、言い切りたいところですが、僕は今でも昔から「たられば」だらけです。笑

結局のところ、世の中は常に変化しており、「これがあれば絶対」ということはないのです。

 

その結果(資格自体)に価値があるのではなく、そこに向かっていく過程の中で成長したあなたに価値があると考えています。

それは、「自信」であり、「スキル」なのです。

ただ資格を持っている人であれば、世の中探せばたくさんいます。

それよりも重要なのは、「あなた自身のパーソナリティ(人間力)」なのです。

 

まずは説得する技術から学んでいきましょう!

僕のオススメは、『説得の心理技術(ダイレクト出版)』です。

 

最後に

2つのスキルに加えて、最近だと「情報発信力」も必須だと考えるようになりました。

なので、僕はブログを始めました。

サラリーマンでも、社内外に向けて発信したりする機会が必ずあるはずです。

研究職であれば尚更、専門分野の情報発信は重要になってきます。

それよりもITに明るくなるのが良いですね。

あなたもブログ、始めてみませんか?





The following two tabs change content below.
全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒

是非シェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒