【新入社員】飲み会に誘われない時の対処法|職場の嫌がらせ

疎外されても、タダで起きるな。

こんにちは。びーやま(@yamabi_t)です。

今回の相談内容
4月から社会人になりました。最初のうちは同期で飲み会に行ったりしていたのですが、最近飲み会に誘われなくなりました。みんな就業時間にコソコソしていて、あとでSNSを見たら自分以外のメンバーで飲み会を開いていたようです。正直相当ショックでした。自分はこの先どう人付き合いして行けば良いのでしょうか。

 

・・ありますね。「自分だけ飲みに誘われない」状況。

周りの人はそんなに深刻に考えていないのですが、当の本人は超辛いやつですね。

 

僕自身、学生時代に同じようなことがありました。

そのサークルには、後になって辞めました。

こんな時、どうすれば良いのでしょうか。





びーやま的アドバイス①

彼らが飲んで楽しんでる間に、自分磨きに専念して、その会社を辞めても他から必要とされるような人物になろう。

 

自分だけ集まりに呼ばれない状況、苦しいですよね。

そんな時、僕なら「そのコミュニティに依存しない力をつけよう」と考えます。

虎視眈々と、自分を磨き、必要とされる人になる。

そうすれば、あなたは周囲の環境に依存する必要はなくなるわけです。

何かに依存している限りと、あなたは本当の意味で自由になることはできません。

正直に言うと、嫌なら辞めればいいんです。無理してまでその場に居座る必要はない。

インターネットが発達した今、自分の価値観にあうコミュニティは「探せば」簡単に見つかります。

あなたが勇気を持ってそこに足を踏み出していないだけです。

今いる環境に我慢して安住するよりも、新しいコミュニティに足を踏み入れる方が、実はよっぽど簡単です。

人は、分からないものに恐怖しますが、足を一歩踏み入れてみると、それまでの不安や恐れは自分の心が作り出した幻想だったと気づきます。

自分を受け入れてくれるコミュニティの存在に気がつくと、人付き合いが楽になります。

(そういった意味で、趣味などがあると人生は楽しくなります。僕の場合はバイクとブログです。)

 

びーやま的アドバイス②

自分の価値を、他人に決められる必要はない。

あなたの人生は、あなたが決めるのだ。

周りの目が気になる?・・・大丈夫。あなたは10年前に誰がどんな失敗したか、覚えているだろうか?

 

心理学の世界では、「ABC理論」というのがあります。

簡単に説明すると、「起こった事実」に対して「ネガティブな解釈」を与えるのは「あなた自身」ということです。

詳しくは以下の記事↓を読んでみることをオススメします。

嫌な人とうまく付き合う方法|トラウマを克服・解消する方法

 

まとめ:依存しない力をつける

「嫌な上司がいる」

「会社の給料が少ない」

「仕事がつまらない」

「学校がつまらない」

 

・・・かなりキツいことを言うと、「すべてあなた次第」です。

残念ながら、その環境を選んでいるのは、あなた自身なのです。

そんな環境に、無理してまでいる必要はないのです。

だから、僕はそんな環境から脱したくて、自分を磨きました。

あなたも周囲に心を乱されるのではなく、むしろ自分と向き合うチャンスだと考え、何かにチャレンジしてみませんか?








The following two tabs change content below.
全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒

是非シェアをお願いします!!

2 件のコメント

  • こんにちは、都内H政大学2年生 文系のものです。いつも ブログを拝見させていただいてます!
    そろそろ 就職を見据えて、資格の他に
    対人能力や トーク力を磨きたいと思っています。
    この事を 友達に相談したら うちの店に来なよと
    ホストに誘われました。
    女の子と話せて いいなーと思ったのですが、
    山火さん的には どう思いますか?
    長文失礼しました(。・ω・。)

    • 佐々木ゆうきさん

      コメントいただきありがとうございます。
      ブログも拝見していただきとても嬉しいです。
      早速ご質問にお答えしていきます。

      まず結論から言えば、(ご自身の覚悟があるのであれば)「アリ」です。
      ただし、せっかく良い大学に入ったのですから、ホストのせいで大学中退とならないように注意してください。(と言いつつ自分は最初ノリで起業し、その後大学中退していますが)

      僕の小学校からの友人でホストになった友達がいます。
      一緒に歌舞伎町で飲んでいて、その場でホストの勧誘にあい、後日そいつは本当にホストになっていました。
      彼は中堅私大だったのですが、コミュ力を鍛えたおかげで今では大手企業に就職することができました。
      トーク力は正直お世辞にも良いとは言えず、あまりモテる方のタイプではありませんでしたが、大企業就職+良い奥さんをゲットしたりと、素晴らしい成長ぶりです。

      ちなみに他にも大学受験で失敗するも、訪問販売のセールスを学ぶことで見違えるように成長した子もいます。
      こちらも正直コミュ力的に将来不安だったのですが、今では飛ぶ鳥を落とす勢いで頑張っているようです。

      ~~~~~~~

      就活で一番重要なのは、「トーク力」以外の何者でもありません。
      対人能力というのは、言い換えれば「空気が読めるかどうか」であり、最悪「人の話を興味深く聞くこと」ができれば問題ないと思っています。

      それに加えて、自分をアピールする力であったり、説明する力が面接では問われます。(あとは「コイツと一緒に働きたいか」も重要です)

      では「トーク力」とは何なのかというと、「わかりやすく話す力」×「面白く話す力」です。

      ホストクラブでは、その場のノリに合わせること(面白さ)が非常に重要で、その後お客さんをつけるにはトーク力が必要でしょう。(僕もそんなに行ったことがあるわけではないのですがw)

      女の子と話せていいな〜、という感じでホストが続けられるかは分かりませんが(いろんなお客さんがいると思いますので)、ある程度続ければコミュ力とトーク力は間違いなく上がるでしょう。

      友人の紹介ならお店もハズれないと思うので、まずは体験入店から行ってみてください。

      合わないと思ったら、すぐに方向転換すればいいだけです。
      (「俺実はホストやってたんだ」というのもネタになりますしね!)

      食わず嫌いをしなければ、あなたに合ったことがいつか必ず見つかります。

      Good Luck!

      びーやま

      追伸:
      ちなみに就活を考えているのであれば、ホストの話はさすがに面接でそれメインには話せないでしょうから、企業にインターンしたり、ベンチャーで修行したりと、実務も経験することをオススメします。
      (もし行きたい業界が決まっているのであれば、OB訪問しまくりましょう。大学のキャリアセンターなどに行けば紹介してもらえるはずです)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    全国を旅するリーマン。
    全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒