カフェで長時間勉強・作業していても気まずくならない方法【周りの目が気になる人へ】

 カフェで長時間作業する方法とは?

こんにちは。カフェに年間10万円以上使うびーやまです。

ぼくは家で作業ができないので、基本的にカフェで作業します。

その場合、コーヒー1杯で長く居座ることに抵抗があるのは僕だけではないはずです。

長いと、6〜8時間くらい同じお店にいることがあります。笑

そこで、“カフェ店員に聞いた” 長時間居座っても迷惑がられない方法をシェアします!






 

①店員さんに笑顔で挨拶する

たとえお客さんだとしても、むすっとしていて注文だけ告げる人に良い印象を抱く人はいません。

カフェの店員さんからしても「笑顔で挨拶してくれた人」にはとても良い印象を持つそうです。しかもそれが常連さんとなれば、そこから自然と会話も弾みます。

レジで注文する際に「こんにちは^^」と笑顔挨拶してみましょう。お金も何もかかりません。

ぼくがよく通っているカフェ(チェーン)では、たまに違う商品を注文すると「珍しいですね!!今日は何かあったんですか?」と聞かれるレベルです。

そうなれば、自分の作業場所を持ったようなもの。長時間いるのが普通になります。

 

②お会計の金額よりも、頻度を優先する

「毎回コーヒーのショート(一番安いやつ)を頼むとケチ(できるだけ安く長く居座ろう)と思われないか?」と心配になる人もいるはず。笑

そこでちょっと高いドリンクを頼んだり、フラペチー◯を頼んだりする人もいると思います。

ですが、違います。

気にすべきは、値段よりも「頻度」です。

具体的にいえば、2〜3時間に1回は注文した方が良いでしょう。

そうすれば、店員さんもあまり目くじらは立てません。(そもそも気にされていないというのが本音ですが笑)

 

【メモ】長時間居座るのにオススメのカフェとは?

個人店よりは、チェーン店の方が長時間しやすい気がします。

また「スタバは高い」という人もいますが、ドリップコーヒーやアイスコーヒーを頼むと、「100円(税抜)で2杯目がお代わり」でき、1杯目(ショート308円)と合わせると416円。1杯208円という格安さ。

実はスタバよりも高いのがタリーズですが、タリーズでも同じように150円で2杯目のお代わりができます。

またこの2店舗はどちらも電源付きの席がある場合が多いです。PC作業にもってこい!

お代わりができるお店は積極的に活用していきましょう!

 

③お店の雰囲気を乱さない(自分の部屋のように使用しない)

カフェでテーブルの上にパソコンやら本やら何やらを広げて「自分の部屋の机のように」使っている人を見かけます。

これも、店員さんからするとNGだそうです。

なぜなら「お店の雰囲気を乱して」「他のお客さんにも迷惑になる」から。

またその場に適さない服装で来るお客もあまり好まれません。(例えばパジャマやスウェットなど)

カメレオンのようにお店の雰囲気に溶け込んで、当たり前のように居座りましょう。笑

 

④混んでいる店での長居はやめておく(お店を選ぶ)

カフェでも駅近の店舗などはいつも混んでいるところがあります。

当然ですが、こういった店舗での長時間作業は向きません。他のお客さんが入店できなかったり、お店も回転率が下がるので迷惑になります。

また「長時間の勉強禁止」という張り紙があるお店もやめておきましょう。

ポイントは「若干駅から遠くて、そこまで混んでいない店舗」です。

そういった店舗を2〜3個見つけておくと、いつでも快適な作業場所を確保することができます。

 

カフェは、もはや生活の一部です。

家で勉強や仕事などの作業ができない僕にとって、カフェは必須プレイスです。

1989年にレイ・オーデンバーグは自著で、カフェや書店など「仲間とリラックスできる場所」を「第三の居場所(サードプレイス)」と定義しています。

家庭が第一の居場所(ファーストプレイス)。職場や学校などが第二の居場所(セカンドプレイス)。

カフェなど喫茶店が第三の居場所(サードプレイス)と呼ばれ、ここではリフレッシュすることが目的とされます。

しかし、これをリフレッシュするだけ活用するのは、いささか勿体無い。

テクノロジーの発達によって人間の寿命が伸び、会社の盛衰のサイクルが早まり、若い頃や学校で学んだスキルだけで一生を食いつなぐことは難しくなっていると言われています。

サードプレイスでは、学習して自分のスキルを磨いたり、仲間と有益な情報交換をしたりすることもできます。

ドラッカーは21世紀を「知識社会」と言い表しています。つまり、生涯学んでいく人が富を手にする時代なのです。(ここでいう学習とは、単に座学を表すわけではありません)

あなたも余暇を有効的に使い、自分の好きなことを追求しましょう!

 

ビバ☆ジャーニー!

 

びーやま








The following two tabs change content below.
全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒

是非シェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒