短期間でお腹を引っ込ます3つの秘訣|2ヶ月で10キロ減【ダイエット方法|体質改善】

 他のダイエット記事と違うつの特徴

びーやま式ダイエットの特徴は、以下の3点です。

①たったステップ。「面倒なことは続かない」

僕は「根っからの面倒くさがり」です。

毎日走ったり、野菜だけを食べたり、大好きなラーメンやカレーを絶食するなど、絶対に不可能です。そんなことをするくらいなら、喜んで死を選びます。笑

今までの自分の性格を加味しても「面倒くさいことは続かない」と身をもって実感しています。

時間をかけない

僕には他にもやりたいことがたくさんありますし、正直いうとあまり健康に時間をかけたくありません。健康になること自体が目的ではなく、いつまでも元気なままで自分の好きなことに専念することが目的だからです。

忙しいビジネスマンでも実行できるように、かける時間を最低限にしたいと思います。

お金をかけない

最近流行りのラ◯ザップなどにウン十万払えば、もしかしたら痩せられるかもしれません。僕の知り合いの経営者の方は、「男のエステ ダ◯ディハウス」に100万円突っ込みましたが、8キロ痩せて10キロリバウンドしました。他の方も結構な確率でリバウンドしている気がします。これでは意味がありません。

しかし、これはビジネスや旅行、グルメと一緒で、「お金をかけずに工夫してやるからこそ、喜びと楽しみがある」し、「続けることができる」のです。

ジムに通うのもいいと思いますが、なかなか続かない人も多いはずです。僕は1年間行かずに毎月1万円の会員費を払い続けました。。涙

今の自分を少しずつ変えていくことで、一生リバウンドしないカラダを同時に手に入れることを目指します。

 

結論から言います。

重要】1日1食は好きなものを食べてOK。

ただし、

食べた分だけ排出し、②糖質(炭水化物)を控え、③良いアブラ摂る。

たったこれだけです。

ちょっと分からないぞという人もいると思いますので、分かりやすく解説していきますね。





短期間でお腹を引っ込ます具体的なつのステップ

⓪まず「自分が太っている理由」を自覚しよう。

思いつく限りでいいので、3つほど原因を挙げてください。(30秒以内に)

・ラーメンやカレー、牛丼やカツ丼など高カロリーな食事が多い(外食が多い)

・甘いものが好き(間食が多い)

・飲み会が多い

・甘い飲み物がやめられない

・運動しない(動きたくない)

ちなみに僕は上記すべてに当てはまっていました。

人は現状を把握できた時に初めて、正しい方向へと進んでいくことができます。

①飲み物を水にする

1日1.5〜2リットルを目安に水(ミネラルウォーター)飲みましょう。これだけで体調が劇的に変化します。

まず朝起きたら300〜500mlの水を飲んでください。忘れそうな方は寝る前にミネラルウォーターを枕元に置いてから寝てください。朝の目覚めと午前中の排便がよくなります。

食べた分だけ排便すれば、太りません。便通が1日に1回もない人は、要注意です。ちなみにもっと排便を良くしたい人は、朝飲む水にレモン半個〜1個を絞ってレモン水にしてください。排便を良くして腸内を綺麗にするだけで、お肌のツヤが良くなったり、アレルギー症状が緩和されます。(僕は飲み物を水に変えただけでかなり良くなりました)

また宿便(腸内に溜まっているうんち)を減らせば、摂取した栄養素もしっかり腸から体内に吸収されるようになります。(逆に腸内に宿便が溜まっていると、どんなに良いサプリメントを摂っても吸収されないので意味はありません)

水だと飽きる、という人は、ごぼう茶もお勧めです。食物繊維やビタミンなどが多く含まれ、消化を良くしてくれます。

②糖質(炭水化物)を控える(低糖質ダイエット

「なんだ、結局低糖質ダイエットか」と思った人、ちょっと待ってください。最近流行りの「低糖質ダイエット」は多くの人が方法を間違えているため、長く続かず挫折します。

私たちのカラダは自分自身で摂る食事から作られています。良い食物を摂り、あとはそれがしっかりと排出されれば、肥満や大きな病気にはならないのです。お米やパン、麺類などは1日1食にしましょう

その代わり、食事の中心となってくるのが「野菜」や「肉(魚)」ですが、野菜にも食べ方があります。「良いアブラ」であれば、野菜にたっぷりかけて食べて構いません。

実は、低糖質ダイエットが続かない理由は、①糖質には依存性があること ②お腹が満たされないこと です。ですが、良いアブラを摂ると、満腹中枢を刺激するホルモンであるレプチンが放出されるので、お腹がいっぱいになります。

この時に、外食やコンビニなどで「悪いアブラ」を摂ると、すべてが台無しになります。悪いアブラは体の中に長期間蓄積し、あなたの細胞を傷つけ、アレルギーやその他様々な病気を引き起こします。

③良いアブラだけを摂取する

良いアブラとは、「オリーブオイル」「ココナッツオイル」「亜麻仁オイル」「グラスフェッドバター」などです。

【必読記事】「良いアブラ」と「悪いアブラ」を知らないと、30年後に一生後悔する話

僕の場合は、

・生野菜や温野菜にオリーブオイルや亜麻仁オイルをたっぷりかけて食べる

温野菜は100円ショップの野菜蒸し器を買えば電子レンジで一瞬で作れます。ブロッコリーやエリンギ、パフリカやアスパラなど、何でもいけます!

・味噌汁は発酵食品なので腸内環境を良くしてくれる

味噌は発酵食品で腸内環境を良くしてくれますし、ココナッツオイルやグラスフェッドバターを入れると腹持ちがかなり良くなります。

・肉もココナッツオイルで焼くと、甘みが増してお勧め

良いアブラは熱に弱いので(熱を加えると悪いアブラに変化します!)、加熱するときはココナッツオイルにしましょう!

・豆腐や納豆など、大豆製品に亜麻仁オイルをかけて食べるのが手軽でお勧め

僕は毎日納豆に亜麻仁オイルをかけて食べています。豆腐も手に入りやすいですし、米の代わりとして良く食べます。豆腐に亜麻仁オイルをかけたり、キムチを乗せても良いでしょう。キムチは最強の発酵食品で、腸内環境をとても良くしてくれるので大変お勧めです。できれば毎日食べましょう!

【必読】「良いアブラ」と「悪いアブラ」を知らないと、30年後に一生後悔する話

それでも小腹が空く人へ

お菓子やチョコレートなどではなく、「なるべく自然のもの」を食べましょう。

持ち運びにも便利で、カラダにも良く、美容にも良いという女子にとって魔法のような食べ物があります。

①デーツ(乾燥ナツメヤシ)

甘くて普通にうまいです。柔らかい黒糖のような木の実です。聖母マリアも妊娠していた時に食べていたと言われるほど栄養価が高く、食物繊維はもちろん、ビタミン、ミネラルも豊富で良いことずくめの木の実です。(甘いので1日3〜4個を目安にしましょう)

②アーモンド

「アーモンド 栄養」でググると、アーモンドの実力を思い知らされることでしょう食物繊維や栄養価も高く良いアブラも豊富なので、積極的に食べてもらって構いません。

③くるみ

アーモンドだけだと飽きる、という人にお勧めなのが「くるみ」です。くるみはちょっと脂質が多いので食べ過ぎ注意ですが、変なお菓子をバクバク食べるよりは、何倍もマシです。くるみの脂質も良いアブラです。

これであなたも「一生太らないカラダ」を手に入れることができました。

たまにドカ食いしたり、飲んだ後に深夜のラーメンを食べたとしても、この食生活を続けて入れば、ほとんど太らなくなります。

一気にすべてを変えていくのは大変かもしれませんが、一つ一つ生活の中に加えていけば、いつの間にかあなたも健康的で健やかな肉体を手に入れ、病気とはオサラバすることができます。毎日ハイテンションでエネルギッシュになったら、自分の好きなことやビジネスに邁進していきましょう!

まずは、明日の朝起きたら500mlの水を飲むところから始めることをお勧めします。

その後、オリーブオイルやココナッツオイルを日常の食べ物に加えるようにしてください。(ココナッツオイルをコーヒーに入れても満腹感が得られていいですね!)

【関連記事】脂肪を落としたら、次は腹筋を割ろう!【1日5分】【自宅でOK】腹筋を割る方法

 

ビバ☆ジャーニー

 

びーやま








The following two tabs change content below.
全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ゆるくいこう。 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|早大卒

シェアしていただけたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ゆるくいこう。 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|早大卒