一眼で上手い写真が撮りたいなら迷わず「単焦点レンズ」を手に入れろ!

こんにちは!びーやま(@yamabi_t)です。

一眼にハマり、はや半年が経ちました。

独学からはじめ、いろんな諸先輩方に教えていただき、以下のような写真が撮れるようになってきました。

 

写真を上手に撮るには「単焦点レンズ」が必須。

上記の写真はすべて「単焦点レンズ」で撮影しています。

単焦点レンズだとなぜ良い写真が撮れるのか。

それは、「ボケ」と「明るさ」の2点に尽きます。

単焦点レンズだと、通常のレンズと比べて「明るく背景をぼかした写真」を簡単に撮ることができるのです。

びーやま
重要なのでもう一度言いますが、単焦点レンズを使うことで、「背景をボカした」「明るい写真」を撮ることができるんです!

一眼といえど、通常のセットで付いているレンズだとボカすことが難しかったり、レンズ自体がそもそも暗めだったりするので、注意が必要です。

びーやま
あれ〜?一眼レフ買ったのに全然ボケないぞ。これならスマホの方がよいんじゃないか…。

一眼(ミラーレス含む)を買った人の中には、こんな不安に襲われた人が何人もいるはず。

 

しかし、それはあなたが悪いわけではないのです。

あなたが単焦点レンズを持っていないことが、上手く撮れない理由です。(いや、単焦点じゃなくても上手く撮れる人もいるんですが、初心者にはなかなか厳しいものです。)

 

びーやま
インスタでいいね!がたくさん付くような「フォトジェニック」と言われる写真も、「単焦点」で撮られている場合がほとんどです!

 

これであなたが上手く撮影できない根本的な理由が判明しました!

一眼を持ちながら単焦点レンズを持っていない人は、今すぐ単焦点レンズをゲットしよう!

・・重要なのでもう一度言います。

単焦点レンズを持っていない人は、今すぐ単焦点レンズを購入しましょう。絶対に後悔させません。

 

単焦点レンズの値段は?

オオカミ男
単焦点レンズが良いのは分かった。でもきっと、お高いんだろ?
びーやま
はいはいはいはい。言われると思ってたよ〜。その固定観念、成敗したる!!

実際に、単焦点レンズは「より明るく」「広範囲が撮影できる(=広角になる)ほど」、値段が上がります。

た・だ・し!

「人物の背景をぼかした写真が撮りたい」

「カフェのパンケーキを美味しそうに撮りたい」

という感じで、一番よく使われる用途だけ絞って考えれば、「安い単焦点レンズ」はたくさん見つかるのです!

価格でいえば、安いと中古で1万円〜2万円ほど。

新品でも3〜4万円前後で、「初心者のあなたが撮ったとは思えないほど良い写真」が撮れるように成ります。

※中古を買うときは必ず評価の良い会社の評価の良いレンズを選びましょう!評価が悪く安いレンズは絶対に買ってはいけません)

 

単焦点レンズの選び方は?

メーカーによって単焦点も様々なレンズがあります。

注意すべきは、以下の2点です。

①「F値」は1.4〜1.8の間にする(F2でも可)

「F値」(しぼり値) は低いほど明るく・ボケた写真が撮れます。

その分、F値が低いほど、値段が上がります。

より明るくボケた写真が撮りたいなら、「F1.4」。

コスパ重視でいきたいなら、「F1.8」。(フォーカスも早く使いやすいです!)

迷ってしまった方は、「F1.8」を先に買って、もっと良い写真を撮りたいならそれをオークションで売って「F1.4」を手に入れましょう。

カメラは良い物を手に入れようとすると無限にお金がかかりますので、迷ったら安い方から買うことをオススメします。

びーやま
迷いに迷って時間を無駄にする方がよっぽど勿体無いですよ!

 

②「◯◯mm」(焦点距離) は「35mm」にする

ぼくがオススメする焦点距離は、「35mm」です。(フルサイズ一眼の場合には「50mm」)

なぜ35mmかというと、断然使いやすいからです。

以前に50mmの単焦点レンズを持っていたのですが、遠すぎてカフェなどで食べ物を撮るテーブルフォトが大変苦痛でした。

もっと近い距離で16mmとか23mmとかがありますが、広角(=焦点距離が短い/数値が低い)だと、値段が一気に跳ね上がります。(予算がある人は高額な広角レンズは最高に良い写真が撮れますのでオススメです!)

 

どうして「単焦点レンズ」は「明るくて」「ボケる」の?

オオカミ男
おれもボケ味のある写真が撮りたかったんだ。今すぐ単焦点レンズを買おう。迷ってる時間が勿体無いしな。・・でも、どうして単焦点レンズは明るくてボケるんだ?ズームレンズとか他のレンズじゃダメなのか?

先ほどもお伝えした通り、「F(しぼり)値」が低いほど、「明るくて」「ボケ味」のある写真が撮れます。

そのF値が低いのが、「単焦点レンズ」なのです。

実は「ズームレンズで明るいレンズ」も技術的に作れるのは作れるのですが、問題は価格の方で、購入するとウン十万円〜ウン百万円とかになってしまうそうです。そんな高いレンズ、個人で買える人がどれだけいるんでしょうか。。

 

今ではこんなにエラそうに話してる僕ですが、つい最近までは

びーやま
「F値」ってなにそれ?オイシイの?

・・というようなレベルでした。

恥ずかしながら、カメラを始めてから数ヶ月間もそんな状態で写真を撮っていました。

 

しかし、F値を意識し始めてから、世の中に出しても恥ずかしくないような写真が撮れるようになり、インスタのフォロワー数も格段に伸びていきました。

びーやま
一眼持ってるけど、プロっぽく撮れない…。インスタのフォロワー数も増えない…

そんな悩みを持っている人は、今日から「単焦点レンズ」を手に入れて、「F値」に注目するようにしてください!

最近の一眼なら、「マニュアルモード」を使わなくても「オート」で十分良い写真が撮れます!あなたの腕のせいではなく、「レンズ」のせいだったのです!

これであなたも『脱・初心者』して、良い写真を撮って人を喜ばせてあげてくださいね!

The following two tabs change content below.
旅とバイクとカメラが好き。最近は仮想通貨。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーにいます。個人ブログ『ユトリライダー』山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒

是非シェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です