後悔しない!一眼レフを選ぶ時に注意すべきたった一つのこと

こんにちは!カメラマン・びーやま(@yamabi_t)です。

今回は一眼レフを買いたい!もしくは興味はあるけどよく分からない、と思っている方に読んでもらいたい内容です。

一眼レフの選び方って難しくないですか?

メーカー選びから、さらにどの機種がいいのか、、調べているといつの間にか膨大な時間が過ぎていきます。

安い買い物ではないので、慎重に選びたいですよね。

僕が初めて一眼を買った時、後になって後悔したことがたくさんあります。

「コレを知っていたら後悔しなかったのに!」ということをご紹介します!

 

そもそも、一眼レフって必要なの?スマホで良くない?

「スマホ」と「一眼レフ」全く違います。

スマホと一眼レフを同じだと思っている人は、「一眼レフ」を持っていない人です。

実際に使ってみれば分かりますが、世の中の「良い写真」と言われているもののほとんどが、「一眼レフ」で撮られています。

※スマホで撮った写真↓↓

※一眼で撮った写真↓↓

次元が違います。

本格的に写真を始めたい!という人は間違いなく「一眼レフ」をゲットしましょう。

 

一眼レフはどれを選べばいいの?一眼レフの選び方と後悔しないコツ

「一眼」と一言でいっても実はいくつか種類があり、大きく分けると「一眼レフ」「ミラーレス一眼」に分けられます。

違いを簡単に説明すると、カメラのファインダー(覗き穴)を覗いた時に、「一眼レフ」は見たままに近い映像が映し出され、「ミラーレス一眼」は景色が一度映像化されてあなたの目に写し出されます。

「なんのこっちゃ」という人も、心配しないでください。以下の特徴が分かれば大丈夫です。(詳しく知りたい人はこちらの記事が分かりやすいです)

①一眼レフ

一般的な人がイメージする一眼は「一眼レフ」のこと。大きいのが特徴で、良い写真を撮るために一般的に大きなセンサーが必要となります。プロが一番使っているのが一眼レフのなかでも「Canon」と「Nikon」でしょう。

実は一眼レフはセンサーの違いでさらに「フルサイズ」と「APC-S」という2種類に分かれます。

・『フルサイズ』・・・画質が良くてボケやすい。その分値段が数万円以上高く、プロが使う。

・『APS-C』・・・フルサイズには及ばないが、スマホなどと比べると十分良い。一眼初心者や小型で手頃な一眼がほしい方はこちらがお勧め。

フルサイズの価格は大体20万円前後しますので、初心者は手頃な「APS-C」で十分でしょう。カメラに慣れて「もっと良いカメラが欲しい」となった場合に、「フルサイズ」に手を出すことをお勧めします。

最初からフルサイズ買っても良いですが、20万円前後と高額なので「自分には合わなかった」となったらかなり勿体無いです。フルサイズがほしくなりそうであれば、「APS-C」を買って綺麗に使用すれば、あとで購入金額ー1〜2万円くらいでメルカリなどのオークションで販売できます。

 

②ミラーレス一眼

 

一眼レフよりもコンパクトに作られているのが特徴。軽量で持ち運びに優れ、中には画質もフルサイズ一眼レフに匹敵するものもあります。

良くあるのが、「一眼レフ(フルサイズ)は重すぎて持ち運ぶに不便であまり使わず、結局スマホカメラに頼ってしまい、一眼カメラを辞めた」という話。

これでは本末転倒です。

ミラーレス一眼は基本的に「フルサイズ」よりも小さな「APS-C」くらいのセンサーが入っているので「一眼レフ」の「フルサイズ」には及ばないのですが、軽量で持ち運びに便利、かつ低価格で良い写真が撮れるため、カメラ初心者からセミプロまで幅広い方にミラーレス一眼をお勧めします。

最近SONYが「フルサイズ」の「ミラーレス一眼」を販売し、ミラーレスの軽量さでフルサイズの写真が撮れるとかなり人気のようです(最近までフルサイズのミラーレスはありませんでした)。

「一眼レフ」を使うメリットが少なくなっているため、今後は「フルサイズ・ミラーレス一眼」が主流になっていくのではないでしょうか。

 

どのメーカーを選べばいいの?選ぶコツは『写真の色味』に注目

実は、一眼レフで非常に重要なのは「写真の色味」です。

ここが合わないと、最悪他のメーカーに買い換えるハメになります。

 

一眼レフを選ぶ際に、まず気にすべきは「予算」です。

20万円前後であれば、プロ仕様の「フルサイズ」も購入できます。

10万円前後であれば、「フルサイズ以外=APS-Cの一眼レフorミラーレス一眼」。

初心者ならフルサイズから始めるのではなく、ミラーレスなどから始めることをオススメします。

 

次に「何を撮るか」です。

例えば、人を中心に撮影するであれば「色味がきれい」な方が、良い写真をが撮れます

実は、写真を撮る上でとても重要なのが「色味」なのです。

その点を以下でメーカーごとに説明していきますね。

Canon(キャノン)

Nikonと同じく、カメラ二大メーカーの一つ。迷ったら「Canon」と言われるほど、万能なカメラです。

温かみのある色で、人を撮影するのに向いていると言われます。結婚式や子供の写真を綺麗に撮りたい!という方にはCanonがお勧めです。

ただし、カメラの作りは個人的にはあまり好きではありません。Nikonなどと比べると、プラスチック感が強く、グリップ感(持った感じ)が微妙な気がします。。

Nikon(ニコン)

Canonと同じく、二大カメラメーカーの一つ。Canonが人の肌色を綺麗に撮るのに適しているのに対して、Nikonは「目で見たそのまま」を映し出すのが得意です。(「記録色」と言われています)

シャープではっきりとした写真が撮れるので、自然をはっきりと綺麗に撮りたい方はにはNikonがお勧めですが、色味を生かして創作表現をしたい、という方には若干物足りないかもしれません。

Nikonはもともと日本の軍事メーカーだったため、丈夫に作られています。またデザインもCanonに比べ、Nikonの方がカッコいいと僕は思います。(完全に個人差ありますが)

SONY(ソニー)

最近のミラーレス一眼といえば、SONYでしょう。2018年現在でフルサイズのミラーレス一眼を出しているのはSONYのみです。

SONYは他のカメラメーカーに比べて「軽量」「最先端の機能」という点に重点を置いてカメラ作りを行なっています。

フルサイズで高画質ありながら、ミラーレスの軽量さを求めるなら、SONYしかありません。

(高機能なのは嬉しいですが、そこまで使いこなせないのと、僕は個人的にSONYのシャッターがあまり好きではありません。笑)

PENTAX(ペンタックス)

緑色に強いのがPENTAXの特徴です。

自然の写真や、カエルの写真がとても特徴的ですね。

またフィルム時代のオールドレンズが使用できる点も、コアなファンがいる要因です。(初心者は全く気にする必要ありません)

上記の点にこだわりがなければ、特にPENTAXを選ぶ理由はないかもしれません。。

OLYMPUS(オリンパス)

オリンパスブルーと言われ、深い青色に強いと言われます。

また女性向けにオシャレな外観のカメラが多く、ファッション感覚でカメラを持つことができます。

FUJIFILM(富士フィルム)

最後にご紹介するのがFUJIFILMです。

FUJIFILMの最大の特徴は、「色味の鮮やかさ」です。

「色のフジ」と言われるほど、自然に鮮やかな色味を出せる一眼カメラとして存在感を持ってます。

ラインナップはミラーレス一眼のみですが、中にはフルサイズ並みの描写力をもつミラーレス一眼もありますので、意外とあなどれないのがFUJIFILMです。

最近だと、保井さんというフォトグラファーがX-T2という機種を使って有名な作品を世に送り出しています。

一部の機種は防寒防塵防滴だったりと、ミラーレスでありながらプロ仕様にも耐えられるのがFUJIFILMだと思っています。(個人的な補正も入っています。笑)

念のため欠点も上げておくと、CanonやNikonなど有名メーカーと比べると若干オートフォーカスなどが弱いですが、最近の機種であればその点もほとんど気になりません。

FUJIFILMはもともとフィルムメーカーなので、「場面に合わせて最適な色味」を出す機能が付いているのも大きな特徴ですね。

デザインもレトロでシックでかっこよく、ファッションとして首からさげていても様になります。(しかも一眼レフのように重くないので疲れません。これでいつでもふとしたシャッターチャンスを逃すことなく撮影できます!)

びーやまが最もオススメするのは”色味が美しすぎる”「FUJIFILM」

私自身、一番最初に買ったのはNikon(D5600)でした。

ですが、撮っていて気づいたのが「Nikonの記録色が好きではない」ということ。

良くも悪くも、Nikonは目で見たままに写ってしまうため、風景などはまだマシですが、人を撮った際にFUJIFILMのような色味を出すことができないのです。

これは私が「人を多く撮る」ということを考えないでNikonを買ったのも、最初の一眼レフ購入に失敗した原因です。

その点、「色のフジ」と言われるだけあり、FUJIFILMの色味は本当に美しい

実は多くの写真が加工されて世の中に出ているのですが、FUJIFILMは加工なしでも十分綺麗な色味を表現しています。

 

一眼カメラの価格について

プロが一般的に使用する「フルサイズ」であればレンズ込みで20万円前後します。

プロ以外は「そこまでカメラに予算割けないよ・・・」という人が多いと思いますので、最初は「APS-C」か「ミラーレス一眼」をお勧めします。こちらであれば、レンズ込みで10万円前後といったところでしょう。

どっちか迷う場合には、最初は安いカメラを買い、それを綺麗に使って、もっと高いカメラが見つかったら今持っているカメラを売って新しいカメラを買うことをお勧めします。

綺麗に使用すれば、新品との価格差は1〜2万円くらいで中古販売(もしくは下取り)できます。

また僕のように「やっぱりこっちのメーカーが良い」というのは必ず出てきますので、これはどうしても試してみるしかありません。

よく迷いに迷っている人を見かけますが、「その迷っている時間を時給換算したら、数万円になる」という点を意識していない人が多すぎます。

1日迷っていたら、(普通の社会人であれば)それだけで1万円分くらいのロスです。(しかし現実だと数日〜数週間も平気で迷っている人もよくいます)

 

最後に:良い写真が撮れると人に感謝され、思い出にも残る。

良い写真が撮れるとそれだけで人に感謝されますし、思い出もたくさん残るようになります。

僕の最近の楽しみは、昔撮った写真の整理をすること。

辛い時、悲しい時、今までを振り返りたいときに過去の写真をみると、元気がもらえます。

 

上記を参考に、あなただけの写真ライフをスタートさせてみてください。

分からないことがあれば、コメントやお問い合わせからご質問をお待ちしています!

 

びーやま

The following two tabs change content below.
旅とバイクとカメラが好き。最近は仮想通貨。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーにいます。個人ブログ『ユトリライダー』山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒

是非シェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です