【学生必読】大学生活を後悔しない4つのコツ

大学生の最大の強みとは?

春なので、新しく学生になるあなたに向けた記事を書きます。

合格した人、不合格だった人。

結果に満足している人、いない人。

それぞれの状況によって違った春を迎えていることと思います。

大学はゴールではありません。むしろ始まりなのです。

大学生の最大の強みは何か。

それは、時間という資産を持っている、ということです。

この資産を生かすも殺すもあなた次第です。賢く遣って最高の学生生活を送りましょう!

大学時代、遊んでいても何とかなる時代はわった。

早速テンションを下げるようなことで申し訳のですが。笑

あなたはなぜ大学に行くのでしょうか?

学びたいことがある。研究したいことがある。語学を勉強したい。法学を勉強したい。色々と思います。

ですが、おそらくほとんどの学生が最終的に「就職」をするはずです。

もちろん中には大学院に進学したり、自分で起業したり、自分の行きたい道を進む人もいると思いますが。

きっと君たちのお父さんの世代であれば、学歴だけあれば良い企業に就職することができ、何歳で年収◯◯◯万円、生涯年収◯億円、というのがある程度約束されていました。

僕が大学のOBから実際に聞いて驚いたのが、ある大手企業から内定をもらうと、その後すぐ数日に渡ってその後熱海で内定者交流会という名の1週間程度の旅行があり、学生たちは他の企業から内定の連絡がつかないように「楽しく」「拘束」されるというものでした。(携帯電話はない時代なので、温泉地などに行ってしまえば連絡はほぼ不可能)

しかし、そんなバブル時代を知らないのが、失われた20年の間に生まれた僕たちの世代です。

今の就職活動では、TOEICが何点必要とか、学校の成績(GPA)がどれくらいだとか、そういったものが就職活動の際に求められるようになってきました。

現在の就職活動において重要なのは、

・大学名(学歴)←総合商社・外資コンサル/投資銀行のみ

・大学時代に何をしてきたか(何を学んだのか)←最重要

・英語力(TOEIC/TOEFLなど)

・成績(GPA)※外資や一部大手企業

でしょう。

(もちろんこれ以外にも、コミュニケーション能力、人脈(情報力)などなど、たくさん挙げられますが。)

学歴は重要か?

学歴社会は終わったのか?

はっきり言います。

就活において「学歴」は重要です。(ITはあまり関係ない)

ですが、不確定要素が多い21世紀で、企業も多様な学生を求めていますから、昔のように難関大学の学生しか就職できないという企業はかなり減ってきていると思います。

学歴は「有名大学以上」であれば、大体の企業が狙えます。(知名度でいえば、関東:日東駒専/関西:産近甲龍でしょうか)

地方国公立は首都圏まで移動時間がかかるため、その点だけ不利ですが、最近では大学4年生までに単位を取り終え、首都圏でシェアハウスなどで就職活動をするという方法もありますね。

就活シェアハウス

大学時代に何をしてきたのか?(何を学んだのか)

ここが最重要です。

学生目線だとあまり気づかないことなのですが、会社側からすれば、年間数百万、長い目で見れば数千万円〜数億円もかけてする投資、それが「採用」なのです。

当然、採用する側も「あなたがどんな人間なのか」「本当にこの人を雇って、会社の利益になるのか」というのは当然気にします。

口だけで「私はこういう人間です」というのは簡単ですが、それが本当にあなたの人間性を表しているかは、面接官も数回あっただけでは分かりません。(本当に優秀な面接官は大体の学生の本性を見抜くことができます)

人間の本性は何に出るのか?

人間の本性は、行動に出ます。

口でどんなにいいことを言っていても、行動が伴っていなければ、人はその人を信用しません。

「ヒッチハイクで日本一周」していれば、それは行動力(というか勇気?)があることかもしれません。

正義感が強く、「世の中の不平が許せない!」ということであれば、学生中から海外でボランティアをしたり、政治家に弟子入りして家庭の格差を少なくするような政策を研究したり、と言ったことが挙げられるかもしれません。

人とは違った発想力があるのであれば、自分で企画してそれを実行に移したことでもいいですし、企画サークルに入って責任者をするなども良いですよね。

金融機関で経済を相手にバリバリ働きたい・稼ぎたいということであれば、経済等について大学で学問し、論文を発表する、というのもアリだと思います。

あなたの苦手な分野を克服するのも良いですが、「強み」を生かして、それを具体的に行動で表すとどうなるのかという点にフォーカスすると良いのではないでしょうか。

英語力の必要性

経済の発展は、物流の発展と切っても切り離せません。

LCCという安い航空会社もたくさん登場し、僕たちの日常には海外がますます近い存在となってきています。

昔は海外駐在ある会社でも「入社してから」や「海外赴任まで」にある程度の英語力があればよかったのですが、一部の大手企業では就職活動の際にTOEICなどの点数が求められる場合があります。

一般的には、「TOEIC730点以上」が必要のようですが、TOEICの点数を英語の単位に換算し、卒業条件に設定している大学も多いですから、何かと勉強しておくと良いことがあります。

また東南アジアなどは数万円で手軽に行くことができ、また英語がメインの交流手段になるため、実際に行ってみると「もっと英語ができるようになりたい!」と感じる機会も多いと思います。

最近ではバリ島などで数週間の短期留学も流行っていますから、時間がある大学生は是非とも有効活用すると良いのではないかと思います。

大学の成績は必要か?

大学の成績はGPA(ジピーエー:Grade Point Average:成績の平均点)という言葉で表されます。

GPAは一般的に4が最高値ですが、大学によって成績のつけ方に違いが出てくるため、学業を頑張っているかどうか(大学から見てこの学生は優秀かどうか)というあくまで目安となるものです。

3.5 以上:かなり優秀

2.6〜3.0 前後:優秀

2.0前半:平均くらい

1.0〜2.0 前後:優秀ではない

(※大学によっても異なるので、かなりざっくりとした目安です。)

GPAは一部の外資系や一部の大手企業で参考にされていると言われていますが、中小企業ではあまり気にしなくて良いでしょう。

ただし、留学を考えている人は、この辺の成績と英語力(主にTOEFL)が重要になってきますので、気を抜かないように上手くやる必要がありますね。

余談ですが、大学で良い成績を収めることと、勉強ができるということが必ずしも一致するわけではありません。

「試験の過去問を先輩から入手する」「友達に出席を代わってもらう」「ノートを友達から集める」といった、総合力を駆使すれば、良い成績を収めることも可能です。(ある意味情報戦なのです)





学生の最大の強みは「時間」という資産を持っていること。

ここまで就職(4年後のゴール)を意識したことを書いてきましたが、僕が最も重要だと思うのは、

大学時代にしかできないことをやること。

だと思っています。

僕の場合に、大学時代にやっていたことは、友人と一緒に会社を作ってみたり、海外で1年間修行してみたり、普段話さないような人と交流したり、といったことでしょうか。

僕はこう見えて「かなり安定志向」なので、親に言われてた通り「大手企業に就職する」ことを当初の目標としていました。

元々は会社を作ることも「失敗したら就活のネタになればいいな」くらいに考えていたのですが、それが大学を中退するくらいハマってしまいました。笑

その結果、周りになんと言われようとも、こうして自分のやりたい仕事を貫いているわけですし、人生というのは本当に何があるか分かりません。

自分が先輩経営者に教わったことに、

食わず嫌いをしない

ということがあります。

今もしも自分のやりたいこと、好きなことが見つかっていないのであれば、それは

「自分のやりたいことだけをやっているから」

「自分の居心地の良い環境にいるから」

という行動の結果だと思います。

何かしら行動することで、あなたは何かしらの結果を得ることができます。

それが良い結果でも、悪い結果でも、あなたはそこからたくさんのことを学ぶことができます。

「これは自分に合っているんだ」「これは合っていない」

「自分がしたいのは本当はこういうことだったんだ」

そういうことを試行錯誤して探すのが、大学生活を良いモラトリアム期間とするか、後悔する数年間にするかの分かれ目だと思います。

あなたは1年前に、自分の周りで話題になっていたことを覚えていますか?

人は1年も経てば、ほとんど忘れます。

宇宙から見れば、自分なんてチリ以下の存在です。

どんどん様々なことにチャレンジして、自分を磨いていきましょう!

 

追伸:恋愛について(※高学歴女子は必読)

恋愛はしておいた方が、人間的魅力を上げることができるので、かなりリターンの良い投資だと思います。

何より、学生の時にしかできない恋愛もあると思います。

また、高学歴女子は、学生時代に将来の旦那候補を見つけておきましょう。

社会に出ると、必然的に自分より学歴の低い男子が増えます。

ステータスで選んでしまう人は、自分より学歴の低い男子を見下しがちです。(異論は認めます)

よって、婚期が遅れます。

そして、良い男は必然的に倍率が高いですから、歳を重ねるごとにそのような男性は減っていき、また女性は若い方がモテますので、どんどん可能性は減っていきます。

相手にこだわりがなければ全然問題はありませんので、大丈夫ですね!笑

 

ビバ☆ジャーニー

 

びーやま








The following two tabs change content below.
全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒

是非シェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒