楽天の格安SIM(楽天モバイル)の通話料・プランは?サルでも分かる申し込み方法を公開!

実際、格安SIMに替えるためにはどうすればいいの?

こんにちは。びーやま(@yamabi_t)です。

前回は以下の記事で「どの格安SIMにすればいいか」(+ネット回線はどれにすればいいか)を書きました。

必読記事

 

今回は、「どうやって格安SIMに替えればいいか」について解説します。

 

格安SIMに替えるために先に行っておくこと

今のスマホ(携帯電話)の番号を引き継ぐために、「MNP予約番号」というものを取得します。

スマ男
MNP予約番号とは、つまり「今の電話番号を引き継ぐための引換券」のことです。

「MNP予約番号」の取得方法は各携帯会社(ドコモ・ソフトバンク・au)などで変わってきますが、全然難しくないのでご安心を。今あなたが契約している携帯電話会社(ドコモ・ソフトバンク・auなど)に電話すれば良いだけです!

各携帯会社ごとの「MNP予約番号」取得方法(どこに電話すればいいかが書いてあります)

 

これができれば、あとは以下の手順で申し込んでいくだけ!

 

楽天モバイルの簡単な申し込み方法

楽天モバイルのトップページから「お申し込み」をクリック(赤丸のところ)

今なら初月無料です!!

 

②申し込みに必要なものをチェックする(4点)

4点のもの必要ですが、多くの人が手持ちしているものばかりです。

要は、「身分証明書」と「携帯料金支払いに必要なクレジットカード」、あとは上記で説明した「MNP予約番号」があれば良いのです。

楽天会員の方も多いと思いますが、会員IDやパスを忘れてもメールアドレスですぐに発行できます。(もちろん会員でなくでも全く問題ありません)

③「WEB申し込み」を選択する

全然難しくないので、このご時世、基本的にはWEBで申し込みましょう。(手続きが面倒な人はショップに行きましょう!僕はショップにも行って、結局特典が多いWEB(ネット)で申し込みました!笑)

念のため、僕が実際にWEBと店舗のどちらも経験した身として、WEB上と店舗で申し込む場合のメリット・デメリットを挙げておきます。

WEB申し込みのメリット:早い!簡単!その場で完了!さらにWEB申し込み特典あり(時期による)!特に難しい手続きは必要ない。

WEB申し込みのデメリット:なし!(唯一挙げるとすると、自分でしなければならないところ?)

 

店舗申し込みのメリット:店員さんが案内してくれる。当日受け取りが可能(在庫があれば)。

店舗申し込みのデメリット:実際に店舗に行かなければならない(移動時間で申し込めます)。店舗数が少ない(大都市のみ)。開店と同時に行かないとかなり待たされる。(休日は激混みです)

 

④「SIMのみ」か「スマホ+SIM」か選ぶ

今お手持ちのスマホが「SIMフリー」であれば、右側の「SIMのみ購入」を選びましょう。

スマ男
「SIMフリー(スマホ)」とは、既存の携帯会社(ドコモ・ソフトバンク・auなど)以外の携帯会社でも使用できるスマホのことです。iPhoneだと「6s以降」であれば、例えばソフトバンクで買ったiPhoneであっても「SIMフリーiPhone」にしてもらえます(ソフトバンクであればソフトバンクショップに行って「SIMフリーにしてください」と言えばやってもらえます)。びーやまの場合は(iPhone6sではなく)「iPhone6」だったため、SIMフリーにできず、新しくアンドロイド携帯を購入しました。最近のアンドロイドはカメラが高性能でも安いものなど増えてきてますので、オススメです!(びーやまはダブルレンズスマホの「honor8」にしました)

⑤SIMカードの種類を選ぶ

SIMカードには種類があります。基本は2種類ですので難しくはありません。

違いは、「通話をするかどうか」です。

「電話番号(090〜や080〜)での通話を少しでも使う人」(ビジネスマン必須)は赤い丸の「通話SIM」にしておきましょう!(推奨)

「LINEなどの通話がほとんどで、電話は使用しない」という場合には、通話なしの「データSIM」でOKですが、その場合は他に安いガラケーなどの「2台持ち」が大前提です。

※通話SIMだと12ヶ月以内の解約で9,800円がかかりますが、これは楽天モバイルだけではなく、他社の格安SIMでもそうです。月額が安いので万が一解約になってもそこまで気になりません。

他に通話できるケータイを持っていなければ「通話SIM」を選んでおきましょう。

 

⑤SIMのプラン(通信量と料金)を選ぶ

次に、「月に使うデータ通信量」を選びます。

私のオススメは、「3.1GBプラン」です。

安さを追求して「スタンダードプラン」にしても良いのですが、スタンダードプランは高速通信が伝えず、現代人だと多少わずわらしく感じるはずです。

3.1GBプランというのは、高速データ通信できるのが3.1GBということです。

スマホでネットサーフィンやSNS利用、動画を観るという人は、「5GBプラン」をお勧めします。

Wi-Fiをよく利用できる人はスタンダードプランや3.1GBプランにして、Wi-Fi環境下以外でも出先などで使う場合には5GBプランが間違いありません。(迷ったら3.1GBにしてみて、使い切ったら最悪追加でGBを購入できます。また高速通信ができないだけで、3/1GB使ってもゆっくりになりますがネットは使用できます。)

 

⑥SIMカードのサイズを選ぶ

SIMカードにはサイズがあります。

自分のスマホに合わせたSIMのサイズを選んでください。

詳しくはこちらの表を見て、自分のスマホにあったSIMのサイズを選んでください。(最近はnano SIMが多いです)

⑦楽天会員IDにログインする(登録していない場合は無料で登録できます!)

すでに楽天会員の方は青い枠のボタンからログインしましょう。(ログイン情報を忘れた場合はパスワードを再発行できます)

楽天会員ではない方は青い枠の下から無料で会員登録しましょう。

 

⑧MNPの利用を選択する

この記事の一番最初に「MNP予約番号」について書きましたが、それをここで使います。

携帯電話番号をそのまま引き継ぎたい場合には、事前に現在契約中の会社に電話連絡して、「MNP予約番号」を先に取得しておく必要があります。(番号を新たに取得する場合には必要なし)

 

⑨楽天モバイルなら「5分間通話し放題」を選ぼう!!

楽天モバイルの最大のメリットである「5分間通話し放題」(月額850円)。

電話を少しでも使う人なら加入しておきたいですね。

加入する場合は、850円の「5分かけ放題」にしてきましょう。(めちゃめちゃ長電話する人は「かけ放題」で)

 

あとは、項目に従って必要事項を記入して行けば問題ありません。

支払いは基本的にクレジットカード払いですので、クレカを準備しておきましょう!

携帯端末が届くまで2日前後携帯が使えない時がありますが、新しいSIMが届くまでの辛抱です!(SNS等で「携帯が使えないのでFacebookで連絡ください」など告知して置くのもオススメです)

 

届いたら、SIMカードを挿入して利用開始!

 

これであなたも既存の権力構造(旧キャリア)から脱出することができました!

格安SIMをお得に使うには、「制限なしWi-Fi」も一緒にある便利ですし、外でのPC作業も捗ります。

参考記事

 

何か分からないことがあればコメント等で気軽にご質問ください!

 

びーやま

The following two tabs change content below.
全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ゆるくいこう。 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|早大卒

シェアしていただけたら泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ゆるくいこう。 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|早大卒