起業に必須な3つの条件|お金を稼ぐことの本質とは?

起業って難しいと考えていませんか?

こんにちは。びーやまです。

僕は大学2年生の時に起業して、その後海外まで事業を拡げていきました。

国内では教育(受験産業)、海外では日本人向けのクリニックの運営を行なっていました。(現在は自分の好きな仕事を見つけて企業に勤めています)

インターネットの発達のおかげで最近では誰もが稼げるようになり、独立・起業するというのが当たり前の世の中になってきました。そんな中でも教え子から「どうやって起業したんですか?」と聞かれる機会も多いので、ここで簡単に説明しておきます。






 

起業に必要な3つの条件とは?

起業するためには、法人登記を行なって、法人税を払って、自社サービスを営業して、、、とここまで聞いて嫌になってしまう人もいると思いますが、簡単に3説明します。

起業に必要なのは、たった3つの要素しかありません。

①ノウハウ(技術) × ②営業(広報) × ③経理

これはミリオネアである先輩経営者に教わった話ですが、起業には3つしか必要ありません。すべての会社・ビジネスは上記の3つの要素で説明できます。

 

①ノウハウ(技術)

簡単にいえば、「人の役に立つこと」です。例えば、僕が勤めている学習塾であれば、「どんなに低い偏差値の生徒も難関大学に逆転合格させることができる」というノウハウがあります。トヨタでいえば「良い車」を持っています。パン屋でいえば、「とても美味しいパン」かもしれませんし、IT企業でいえば「検索エンジンでで上位表示させる」ことであり、ライザップでいえば「2ヶ月で必ずダイエットを成功させます」ということです。(ライザップにお金を払わないで賢くリバウンドせずに痩せたい人はこちらの記事を呼んでください。笑)

最近のブロガーでいえば、「役に立つ情報」をブログで発信することがノウハウ(技術)と言えるかもしれません。(厳密にいえばそれが「広報」で、その中にあるGoogleアドセンスやASPなどの代理店の役割を果たしているのですが、ここではよく分からなくて大丈夫です!以下で詳しく説明します)

えー、自分は人の役に立つノウハウなんて持っていないよー!」という人も、大丈夫です。ご安心ください。むしろ、世の中にはノウハウを持っていない人の方が多く、それでも会社を経営している人がたくさんいます。それは「代理店ビジネス」というものです。僕が今勤めている「日本初!授業をしない塾」というのも「受験ノウハウを持っていない人に、そのノウハウを教えて、学習塾を運営していただき、その売上の一部をいただく」という代理店ビジネス(FC:フランチャイズ)の仕組みを取っています。多くのカフェやコンビニ、ラーメンチェーン店なども実はこの方式を取っているところが非常に多いです。全国どこに行っても同じようなチェーン店を見かけるのは、チェーン店には「お店をうまく行かせるノウハウ」があるからです。(代理店とFCも厳密には違うものですが、一旦ここでは割愛します)

ブロガーは記事を書いてインターネット上でアクセス(人)を集め、そこでGoogleやその他の企業の広告を掲載することで、その一部を会社から広告費としてもらっています。これも一種の立派な(広告)代理店ビジネスなのです。

 

②営業(広報)

どんなに良いサービスでも、誰にも知られなければ使って(買って)もらえません。

飛び込み営業・電話営業・チラシ広報・看板掲載などたくさんの種類の営業・広報がありますが、現在主流なのが「インターネット上で広告すること」です。あなたがこの記事を読んでいる時点で、おそらくインターネットを使用しない日はない世代の方ではないでしょうか。毎日目にするインターネット上に、広告を載せることが、21世紀では必須な営業・広報となっています。

広告は実に多種多様なのでここでは割愛しますが、とにかく「誰かに認知してもらえなければどんなに良いノウハウ(技術)があっても買ってもらえず、すでに色々なモノと情報に溢れている現代社会では「集客」がとても重要。」ということだけ知っておきましょう。

あなたが「多くの人が読みたくなる記事」を書けば、それだけ人を集めることができます。

現在では1PV(アクセス)=0.1円〜と言われています。ブログでアクセス数を集める=人を集めることで、ビジネスにおいて一番難しい「集客」の部分をになうことができ、ブログにGoogleや他の企業などの広告を載せることで、それだけでお金を得ることができる時代なのです。

 

③経理(お金の管理)

ノウハウ(サービス)を持ち、それを人に知ってもらって買ってもらい、お金を得ることができれば、あとはそれを管理するだけです。

普段あまり意識がないかもですが、僕たちは「国家」というものに守られて生きています。何か悪いことをすれば、警察がその人を逮捕してくれます。また悪いことをした人に罰を与えるための法律というものを準備して個人の生活を守ってくれています。他にもゴミの処理や公共交通機関の整備など、僕たちの生活に欠かせないことを国がまかなってくれています。日本国に住んでいる以上はそれらのサービスを受けるために、「税金」というものを払わなければなりません。会社に勤めてお金をもらっている場合には「所得税」がかかりますが、法人を運営している場合には「法人税」というものがかかります。

税金に関してはネット上で調べればいくらでも出てきますのでここでは詳しく説明しませんが、おそらく多くの人が悩むのが「個人事業にするか」「法人にするか」という点だと思います。

一般的には、

売上が1000万円を超えたら法人化した方がメリットが多い

といわれています。

個人事業ではなく法人(株式会社)にすると「社長」と呼ばれたり、一般的に見ても「しっかり屋号(会社)を構えている」ということで信頼感が増します。僕も学生時代に法人を持っていたので、それだけで一目置かれたり、投資家さんからお金を貸してもらえたりしました。(今は誰でもスグ起業できる時代なのであんまり重要度は低くなってきているように思います)

お金の管理や経理とか本当に無理だ・・」という人も、ご安心ください。僕もほとんどよく分かっていません。笑

経理やその他手続きのこと、調べて自分でやっても良いですが、税理士さんや司法書士さんにお任せすればいいのです。それでも学生時代から5年以上も経営できましたし、何とかなります。

それよりも何とかならないのが、「売上を上げる」ということです。もっと言えば、「集客」がすべて人を集めることができれば、あとはどんなビジネスをやっても上手く行かせることが可能です。

 

お金を稼ぐことの本質とは?

お金を稼ぐことを一言で言い換えれば、「人の役に立つこと」です。

人の役に立つことができれば、その対価としてお金を手に入れることができます。会社員であればあなた自身という労働力を提供し、お金をもらいます。

あなたが多くのお金を稼げるかどうかは、あなたが与えられる価値によって決まります。あなたにしかできないスキルを持っていれば、価値は高まりその分対価も大きくなります。誰でもできることしかできなければ、それだけの対価しか得られません。

よって、あなたが多くのお金を得たいのであれば、それだけの価値を世の中に提供することが必要です。ここで注意なのが、あなたがどんなに価値を持っていても「知ってもらえなければ意味はない」ということです。

ここまでインターネットが発達した現代であれば、一番手っ取り早いのが「ブログ」です。ノーリスクで始めることができ、情報という誰もが生み出せてかつ人の役に立つことであるからです。

【参考】好きなことを仕事にするコツ(実践編)

【参考】ブログを運営するメリット(※執筆中)

 

まとめ

あなたが今学生やサラリーマンであれば、自分の会社やバイト先の「3つの要素」を考えてみてください。すると、会社がどんな風に回っていて、どうすれば起業できるかが分かってきます。よく行く飲食店やカフェなどでも良いでしょう。「このお店がどのように回っているのか」を考えてみるのです。

そこで、あなたが一番価値を提供できるのはどこなのか。ノウハウ(商品)作りが好きなのか、営業・広報するのが得意なのか、細かい経理系の仕事が向いているのか。もしくはそれらを代わりにやってくれる人を集めて経営することなのか。

3つのどれができる人が偉いという訳ではありません。経営者でも毎日不安で苦しんでいる人もいます(もちろん自由度は高いですよ)。重要なのは、あなたが好きだと思える仕事をすることです。

 

自分の好きな仕事を見つけて、人生を充実させましょう!

 

ビバ☆ジャーニー

 

びーやま








The following two tabs change content below.
全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒

是非シェアをお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

全国を旅するリーマン。
全国各地の店舗を回ってアドバイスするのが仕事。20歳で起業しましたが現在は教育ベンチャーで働いてます。ブログ『ユトリライダー 』バイクとカメラが趣味。ホラーが苦手。山形生まれ|茨城育ち|東京在住|早大卒